totofuku ミニマリスト ライフスタイルブログ・テーマ
ミニマリスト

totofuku

totofukuの旅

全てのブログ

1 初めての自転車の旅  

自転車の旅 (25) サンフランシスコから ブラジルまでの 自転車の旅1~25 サンフランシスコに1年滞在した後、 自転車車でサンフランシスコから ブラジルまで行った。 期間は三ヶ月、自転車で遠くに 行くのも、初めてだし、 マウンテンバイクも初めてだった。 …

2 あーあーこわー  

自転車の旅 (25) サンフランシスコからブラジルまでの 自転車の旅1~25 さてこの前の続き自転車で サンフランシスコをでた時からだ。 まず大事だったのは食べ物、 寝る場所1日目はお墓、墓地で寝ることにした。 夕方暗くなってから こそりこそり墓地に入って…

3 綺麗な道   

自転車の旅 (25) サンフランシスコからブラジルまでの 自転車の旅1~25 二日目はサンディエゴの近くでテントを張った サンフランシスコからサンディエゴまで の道のりは綺麗な道のりだった。 アメリカにも、こんな綺麗な場所が あるんだなと思った。 道のりと…

4 メキシコ  

自転車の旅 (25) サンフランシスコからブラジルまでの 自転車の旅1~25 さてこの前の続きバハカルフォルニアと いう長い半島がある。 その1番下 1番南の方に ラパスという街がある そこまで石君と別行動 まーラパスまで競争するかたちになった。 ラパスと言う…

5 聖者   

自転車の旅 (25) サンフランシスコからブラジルまでの 自転車の旅1~25 少しさびれた村にやって来た時の話だ 村の入り口でお婆さんが居たので この通路で寝て良いか尋ねた。 そしたら急に僕を拝み始めた、 何でかと聞くと今日はお祭りで 聖者がやって来る日で…

6 材木屋  

自転車の旅 (25) こんな事もあったのを思いだした、 夕方近くなって来たので 寝床を探しているとちょうど 材木屋のような所があった。 そこに入って行くとちょっと、 ふとちょおじさんがいた。 俺は日本人で自転車で旅をしているんですが、 寝る場所を探して…

7 テロリスト  

自転車の旅 (25) 真っ暗な中自転車で走っていると ポツンと明かりが見えた。 あーここで寝ようと思い明かりの方に 近付き中を覗くとレストランのような所だった。 中に入って行くと柄の悪そうな男が10人、 そして何挺か銃も置いてあった、 あんた誰だと言わ…

8 砂漠のなかのテント  

自転車の旅 (25) 沙漠の中テントで寝ていると何か ざわざわ物音がさっきのゲリラかと 思いテントの外を覗くと、 まーたまげた。外には犬が何匹か、 あーそうだここはメキシコ狼のような 犬フィオーテがいると聞いて居た。 体の震えがとまらないどうしよう、 …

9 ラパス   

自転車の旅 (25) ラパスここは綺麗なのんびりした街 ここで石君と再開する ことになって居た。 海岸沿いを走ると石君がいた。 一日前についてこの海岸でテントを 張ったと言って居た。再会は何日ぶりか 頭もじゃもじゃ髭ずら挨拶は「おー、」 「おー」 挨拶…

10 本土

自転車の旅 (25) 本土に着いてから石くんと一緒にはしった。 しかしペースが噛み合わずまた別々に走ることにした。 本土は危険 メキシコの人は穏やかな人もいれば、 血の気のあらいひともいる。以前アメリカの地下のショッピング街で 黒人達とメキシコ人達の…

11 変な少年  

自転車の旅 (25) 丁度、石君と走っている時変な 少年が僕らの後をついて来る 年の頃は20 石君は多分盗人だと言う、 でも僕はそう言うふうに、 見えなかった。 テレビか何かで僕らを見て 彼も人生において、 何かやりたかったんだろうと思った。 ボロボロの…

12 ガテマラ  

自転車の旅 (25) メキシコを超えガテマラに入る。 ここはメキシコに比べると田舎だ。 顔つきもなんか少しかわった雰囲気だ、 道端にはずらりと、ござを弾いて なんか売っている、 腕輪 首輪 帽子 色々な物が売っている。 顔つきは少し顔がくろ、 原住民のイ…

13 エルサルバドル  

自転車の旅 (25) エルサルバドルここはちょっとだけ 緊張感に溢れた国 俺が行ったのは31年前ちょと前まで ニカラゴアと戦争をしていた、 街の中は軍服を着ている人がたくさんいた。 女の人まで軍服を着ていた 僕らは変な格好をしていたので じっくり調べられ…

14 ニカラゴア  

自転車の旅 (25) ニカラゴアは社会主義 物があまり無く貧しい国 自転車を走らすと子供たちがついて来る、 なんかくれと言って来る、 安細れてガリガリ、本当に貧しそう、 食事もろくに取ってない 痩せこけた子供ばかり 街をウロウロしていると 夕方になって…

15 危ない  

自転車の旅 (25) ここはコスタリカ いつものように朝早くから自転車を走らす、 ようやく太陽が上がって来て 前が見えにくいなと思っていたら、 その時ドーンとなんだ 俺はトラックに跳ねられていた。 俺は;道の横斜めの傾斜の草の上に 飛ばされていた、 パ…

16 毎日毎日  

自転車の旅 (25) 毎日毎日左手を動かすトレーニング暗い 部屋の宿で何も考えっず左手を動かす。 俺の頭の中は一日中直す事だけ 黙々と1日目 二日目 三日目 日がたつにつれて 動いて来た。1週間でなんとかと思っていた。 七日目に手を自転車のハンドルに のせ…

17 うーうー  

自転車の旅 (25) パナマに出発 左手は置くだけ、 右手でハンドルで ブレーキとハンドル操作は ぎこちないがなんとか走れた。 ただ前にはしる、はしる、 ただそれだけ道路も そんなに悪くなかったので なんとか走れた。前へ前へと、 なんか自転車を運転出来る…

18 船    

[アディダス] スウェット パーカー ビッグ バッジ オブ スポーツ フルジップパーカー IPE84 レディース ブラック(FR5120) 日本 J/L (日本サイズL相当) 発売日: 2020/04/21 メディア: ウェア&シューズ [アディダス] ジャージ上下セット Energizeトラックスー…

19 ここはどこ  

自転車の旅 (25) 船員がここだと言う えーここ 、大分岸から離れている。 えーここからボートで 陸まで行ってくれという ことだ5、6人ようのボート えーこれで 7人と自転車2台のれるのと 思ったが、乗レた。 皆んなしがみ付いて 20分ぐらいで陸についた。 着…

20 税関   

自転車の旅 (25) ここはコロンビアとベネズエラの 国境みたいだ。 ということはここで入国スタンプ と出国スタンプを押して もらわなくてはいけない。 同じ場所で2つのスタンプを押して 貰えるか不安だった。 もしかしてこのまま捕まり牢屋に入れられ 二度…

21 ベネズエラ 

自転車の旅 (25) ベネズエラに入った時もう真っ暗だった。 さてと寝る場所だと自転車を 走らせたら警察の検問、 また走らすと検問、 そしてまた200メートル ごとに検問があった。 何だこれ、訳が分からない。 三度目の検問で石君は スイス製の果物ナイフを取…

22 ベネぜエラからブラジルマナウスまでの道のり  

自転車の旅 (25) 石君と俺は南に降り出した。 この頃には左手はだいぶん治っていた。 石君は何も考えず先え先えと走り出す。 俺は少し不安だった。 ジャングルを走るからだ始めはきれいな道段々と凸凹道になって来た。 そしてたまに通る車はお前ら頭おかしい…

23 マナウス 

自転車の旅 (25) マナウスに着いたここは賑やかなとこだ。 ベレン行きの船が何台かあった。 俺らはその1台に乗った。 舟底に自転車を置き、 走り出した。飯付きハンモック付きだ。 ここアマゾンでは蛇などに 狙われるのでハンモックで寝っるのが 普通のよう…

24 サンパウロへ 

自転車の旅 (25)ベレンを出てサンパウロへ 向かうこの道は きれいな道路でで とっても走りやすかった。 海岸の近くなので真っ直ぐな道、 なにも問題なくサンパウロまで着いた。 前もって調べていた アラキという宿にたどり着いた。 ここが最終目的地 着いて…

25 あとがき  

自転車の旅 (25) africa13 (13) チベット (16) 将来が、ドウノコウノとか あまり考えていない、 明日の食べていくお金が 無くても子供へのクリスマ スプレゼントは買う。 とりあえず誰かと結婚して 嫌になったら別れる。 なんかインドに似ている。 インドに…

1  マウント カイラス  (チベット) 

チベット (16) 次はマウント カイラス カイラス山についてです。 地元ではカンデンポチとよばれていまし た。 この山について知ったのは 日本の四国88カ所参りをしていた時、 お坊さんと出くわし話をし ていた時に知った場所です。 坊さんが言うにはここに行…

2 まずはネパール    (チベット) 

チベット (16) これは28年前の話 カイラス山について 調べてたらネパールからジープで行けるツアーがあ ると言うので、早速ネパール カトマンズにとんだ。 まずはタメルを目指して、タメルはバッ クパッカーが泊まる宿が沢山ある、 そこで宿を見つけ、カイラ…

3 シガッツェ ラッツェ  (チベット) 

チベット (16) ラサをでる時は体は楽になっていた。 バスで西へシガッツェに向かう 割とすんなり進んだ。バ スからの景色はチベットの変わった色の 家が立ち並んでいた。 バスに乗っているチベット人の 人はジーと俺の顔を眺めていたが何も言わない。 しかし…

4 ヒッチハイクだ (チベット)  

チベット (16) 朝腕を揚げていたヒッチハイクだ。 朝早く宿を出た、 その時宿のおばちゃんがバター茶を作っ ていてくれた。余りおいし物では無い、 お茶にバターを入れ塩を入れる。 作り方は良く知らないが そんな感じの味だ。俺は「ありがと う」おばちゃん…

5 どこ行くの  (チベット) 

チベット (16) 俺は待ち続けた。 車が止まってくれるのを 朝からずーと待っている。 やっぱり無理かチベッ トでヒッチハイクなんて これでチベット の旅も終わりかな もう諦めかけいた。 その時一台のトラックが止まった。 そしてなんか言って いる。俺は慌…