totofuku

totofukuの旅

1     サンフランシスコ

 

 

    今から32年前 俺はサンフランシスコにいた。

 

    ウエスタンホテルという名の宿で長期滞在して居た。

 

    家賃は二万五千円位で朝食付き 茹で卵 食パン コーヒー

 

    俺は4階建ての一番下の階段のところでコーヒーを飲むのが日課

 

    そこにいるといろんな人が集まってくる。なんか落ち着いて

 

    ゆっくりした時間が流れた。階段を降りてきた廊下に

 

    ソファーがあり、その前にお変わり自由のコーヒーが

 

    置いてあった。そこのホテルに長期滞在しているのは

 

    日本人とフランス人 あとアイルランド人1人とアメリカ人1人

 

    あ 上から人が降りて来た 伊藤さんだ「おはよう」 「おはよう」

 

    そこからあーでもない こーでもないという たわいも無い話が始まる

 

    それがなんか落ち着く 

 

    悪くいうと

 

    なんか日本の暮らしがやになり 逃げてきた

 

    連中が傷の舐め合いって感じだ。

 

    伊藤さんは元雷族 東京の暴走族 やたらに手が大きい 

 

    ちょび髭を生やした

 

    40ぐらいの人 若い時はその手で人を殴り飛ばして来たって感じ

 

    でも俺ととっても気が合う、ここサンフランシスコで本当に英語を

 

    マスターしようと一生懸命努力していた。

 

    俺 伊藤さん他何人かの日本人が英会話学校

 

    通っていた アメリカ政府がやっている

 

    移民のための英会話学校だ。無料で好きな時間の

 

    クラスを選べる自由な学校 そんな学校があること自体

 

    アメリカの大きさを感じた。

 

   「おはよう」「おはよう」「おはよう」

 

    次から次へと人が降りてきてキッチンに向かう

 

   「おはよう」フランス人のジルだ 彼は40ぐらい

 

    朝ごはんの後いつもチロルチョコのようなものを食べる。

 

    ジルはギターを弾く 俺のギター友達だ。なんか40なのに

 

    愛らしく子供のような目をしている。

 

    このホテルには色んな人が住んでいた。

 

    だからなんか飽きない 楽しい

 

    そんな感じで毎日1日が始まる