totofuku

totofukuの旅

21 お土産屋

        俺は旅行でお金が尽きて来たので

 

クライストチャーチのお土産屋で

 

働くことにした。

 

お土産屋と言っても

 

日本人相手の商売 

 

大抵の日本人はお土産を

 

買って帰る 

 

だから何も押し売りしなくても

 

勝手に買って帰る。

 

物凄く簡単な仕事だった。住まいは

 

ユースホステル掲示板に貼ってあった、

 

フラットメイト

 

募集の広告で見つけた一軒家

 

 そこには5人住むことになった。

 

マオリ人のカップル ソウとターニア 

 

そしてゲイのトムそしてトムの妹

 

レイだ。ソウは太極拳をやっている 

 

ガッチリした大学生 

 

ターニアも体の大きめの女子大生

 

レイとトムも大学生 そして俺

 

 なんかアンバランスな組み合わせだ。 

 

このフラットはちょと変 

 

と言うのは夜になると

 

マオリカップルが自分らの部屋に入り

 

大きな声でやりだす。

 

俺とトムとレイは顔を見合わせニヤリと笑う

 

そしてそのうちにトムのゲイの友達が来て

 

部屋に入りやりだす。

 

俺とゲイの妹レイはただニンマリ笑うだけ 

 

俺はここは日本とは違う

 

別の世界と言い聞かせ自分で納得した。

 

そしてある時 

 

ソウが太極拳の友達の家へ行くけど 

 

一緒に行かない

 

と言うので 2人でソウの友達の家へ行った 

 

友達の家と言っても小さな

 

子供がいる奥さん そこで何をするのかなっと思ったら 

 

五右衛門風呂を作ったので

 

みんな一緒に入ろうと言う 

 

2人入ったらやっとと言う風呂に3人

 

俺は無理無理と言うと大丈夫だからと

 

説得され入ることにした

 

3人が隙間のない程密着 

 

奥さんの胸が俺の!!!

 

これはいけないことと思ったが 

 

少しすると奥さんの旦那が来て

 

湯加減はどうと聞いて来た

 

えー俺は怒らないのと思ったが旦那は

 

ニヤリと笑い奥さんのいいなり

 

ニュージーランド

 

奥さんの方が強いのと思った。

 

ここは日本じゃない別の国 

 

別の世界とと自分を言い聞かせた

 

こっれは普通なんだ それとも夢って感じだった。

 

 

f:id:totofuku:20200921073713j:image