totofuku

totofukuの旅

11 違うよ

俺はハミルトンを超えたところで

 

腕を横にかざしていた

 

止まってくれ 止まってくれと言いながら

 

俺はなんでバスで行かない何でこんな苦労して

 

南にいくんだ 嫌だ嫌だと言いながら苦労したいのか

 

んー俺は、なんか なんかやって見たいんだろう

 

とにかく車が通るたびに 腕をかざす

 

次に出会う人はどんな人か楽しみでもある

 

あー車が止まった中を除くと若い女の人

 

「ロトルアの手前だけど乗っていく」

 

俺はハイお願いしますと車に乗り込んだ

 

乗り込むなり色々話しかけてくる 

 

名前は どこから来た

 

どこまで行く 趣味はと 変な女の人だと思った。

 

今度は私はと自分のことを話し出した

 

なんでもオークランドのブティックで働いていて、

 

名前はリンダ 今から実家に帰るところ

 

実家は羊を沢山飼っていて、

 

一人っ子なのでその手伝いに行くところと

 

言った後 よし これ吸うとマリファナを出して吸い始めた

 

オイオイ車の運転大丈夫かと思ってたら

 

今日泊まる所決まって無いんでしょ

 

うちはロトルアの近くだからうちに泊まったらいいと言うので

 

彼女の牧場に行くことになった。彼女の家に着くなり彼女の

 

お父さん、お母さんが待ち受けていた。

 

おかえり リンダ お母さんは

 

「この子」と俺の顔を見て言った、

 

えー俺のこと知っているのと思った。

 

まーそんなことはないなー!

 

二階の部屋に案内されここで寝てと言ってくれた 

 

俺は外の景色を見た 何もないただ草原だけ 後羊

 

しばらくすると リンダが呼びに来たご飯だから食べに来てと

 

俺はもう夕飯と聞くと そう牧場は朝が早いからと言う

 

俺はリンダの後に付いて行きリビングのテーブルに座った。

 

そしてなんとか なんとかと お祈りして食べ始めた

 

 食事中お父さんお母さんが俺のこと

 

じろじろ見ていた。よっぽど日本人が珍しいのかなと思ってたら

 

いきなりお父さんがいつ結婚するんだ。と聞いてくる

 

俺の結婚 どう言うこと はーと考えていたら

 

また喋り出した いつ日本から両親が来るんだと

 

話が分からなくなって来た。最後の一言でようやく理解した

 

君はこの牧場を継ぐんだろうね あーそう言うこと

 

俺は慌てて「no no no]といいその後俺は「you got mistake]

 

と大きな声で言った 俺はただヒッチハイクをしていて たまたま

 

ここに来た。と言うと「really」と 俺の顔を見た 

 

その後娘のリンダの顔を見た。どっちが本当のこと言っているのかな

 

って感じで眺めてた その後リンダが俺について色々説明してくれた

 

話によると牧場を継いでくれる若者がいない娘をお見合いさせようとしても

 

いい人がいるからとお見合いしない そして君がリンダが連れて来た

 

初めての男だと言う 

 

お母さんはごめんね びっくりさせてと謝って来た。

 

俺はなんて言ったらいいか ok   がいいか no problemがいいか 言おうかもじもじした

 

変にokなんて言ったら勘違いされる 俺は黙っていた

 

リンダが言うには沢山の若者が牧場を離れオーストラリアに行ってしまうんだ

 

俺は夜リンダとニュージーランドについて話をした。本当は私もこんなとこで

 

一生送るなんて考えられない だからオークランドのブティックで働いているんだと

 

その後長い間 話は続いた。俺は夜遅くまで話をしてたので寝不足だったが

 

リンダに朝早く次の町ロトルアまで送って貰った

 

リンダは別れ際 私オークランドのマークというブティックで働いて

 

いるから遊びにきてとニコって笑った。

 

人それぞれ色々あるんだなーと思った。

 

 

ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活 ライフスタイルブログ・テーマ
ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活

 

 

 

 

 

f:id:totofuku:20200902170112j:image