totofuku

totofukuの旅

9 お見舞い

俺は材木屋で働いていた。

 

そこにはたくさんの

 

 

マオリの人が働いていた

 

俺がが仕事をしていた材木の

 

レーンは俺以外に2人のマオリ

 

名前はルー50ぐらいの

 

背の小さいもじゃもじゃ頭のおっさん

 

もう1人はマー君20ぐらいの青年だ。

 

3人とも無口で

 

おとなしい でもなんとなく

 

分かり合える中って感じだった。

 

ある時マー君が欠勤した 

 

ルーにマー君どうしたのと 聞いたら

 

なんでも病気らしいという よし 

 

よかったらお見舞いに行くと聞いて来たので

 

んー行こうと答えた。

 

それで俺とルーはお見舞いに行くことになった。

 

丁度次の日休みだったのでルーと

 

待ち合わせしてマー君の家に行った。

 

マー君の家は小さかった。というのも 

 

お父さんはいなくてお母さんとマー君と9人の兄弟

 

全部で10人2DKの家に住んでいたマー君

 

長男 後は弟 妹 まだ1歳ぐらいの赤ん坊もいた

 

稼ぎどころはマー君 よくこんな沢山の家族

 

マー君の収入で暮らせるなーと思った

 

家の中に案内され入っていくと

 

マー君がベットで寝ていた。

 

大丈夫と聞くとお腹痛いんだというので病院に

 

行ったらいいと言うとお金がないから

 

無理という話を聞いてみたら

 

以前マー君のお父さんは会社を経営していたが 

 

会社経営に失敗して5ヶ月前

 

女の人とオーストラリアに逃げたんだと言う

 

お腹痛い 

 

お腹痛いと涙を流しながらお腹を抑えていた 

 

周りにいた弟 妹たちも心配そうに

 

見ていた 俺 家に頭のいい大学生がいるから

 

ニュージーランドの福祉とか生活保護

 

ついて聞いてくるからと言うと 

 

ありがとうと言いながらお腹痛いよと言う

 

家に帰り皆んなにこのことを相談したら 

 

NZは福祉がしっかりしているから

 

大丈夫と言ってくれた 。

 

次の日そのことを伝えにマー君の家に行った。

 

家のドアーをノックしても誰も出てこない

 

 何回もノックしても

 

誰も出てこないので 

 

俺はドアーを開けた 空いていた

 

中に入っていくと家族みんな集まっていた。

 

「あ お母さん もう心配しなくていいよ 

 

生活保護受けられるから」と

 

告げるとワーワー泣き出した。

 

なんで泣いてるんだろう 

 

あ そう マー君はと聞くとベッドと言った

 

ベッドの方にいくとみんな泣いていた 

 

どうしたのと聞くと 死んじゃったとみんな

 

泣き出した 嘘だろう昨日は生きていた 

 

ただお腹痛いよと涙を浮かべていたが

 

死ぬなんて マー君は家族思いで優しい 

 

そのマー君が 昨日は相当お腹痛かったんだろう

 

俺は呆気に取られた 

 

その時人間の一生のあっけないことに気づいた

 

そしてその時 俺はオークランド

 

離れ南に旅する事を決めた。

 

 

f:id:totofuku:20200905110332p:image

 

 

 

ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活 ライフスタイルブログ・テーマ
ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活