totofuku

totofukuの旅

4 アルハンブラ宮殿の思い出

今から35年前のオークランドは本当に静かな田舎町だった。

 

暇だったので町を探索

 

ぶらぶら歩いていると一軒のアンティークショップを見つけて

 

その中に入ってみた。

 

なんか昔のヨーロッパ風のものばかり、

 

ただボケーと眺めていたら、

 

「can I help you]  と声をかけられ

 

俺は慌てて「just lookinng]と答えた。

 

声をかけて来たのは20ぐらいの女の定員だった。

 

わりと、べっぴんで自然な笑顔で話しかけて来た。

 

なんか興味あるものありますか、と聞いて来たので

 

俺は特にないでですと応えた。

 

なんか古い物を見ていたら昔の人がそばにいるようで

 

落ち着くと言うと、私もそう感じますと言う。

 

なんか意見が合いますねと言うと

 

にこッと笑ってくれた。

 

店の中を見回していたら古ぼけたギターを見つけた。

 

いつ頃できたものか 誰が作ったか分からないが、

 

なんか愛着のあるギターだったので

 

ちょと弾いてもいいと言うと「sure]と言ってくれた。

 

俺はアルハンブラ宮殿の思い出という曲を弾いた。

 

引き終わると定員がそれなんて言う曲と言うので

 

アルハンブラ宮殿の思い出という曲だと言うと

 

いい曲ねと言ってくれた。

 

その後俺はそのギターを3000円ぐらいで買った。

 

その子が言うには、私はねぐらで人と話すのが苦手 

 

でもあなたは何にも緊張感なしに話しができる。

 

よかったら、うちの妹にもその曲

 

聞かせてあげてほしいと言うので、いいよと応えた。

 

ところでその曲なんていう曲だったけ?

 

俺は応えた アルハンブラ宮殿の思い出だよと

 

するとそれ何語 あーしまった日本語だったと言うと

 

「you are japanese great] と言ってくれた、

 

私日本のアニメが好きなんだ、

 

よかったら友達になってと言うので

 

その後彼女とはいい友達になった。

 

 

ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活 ライフスタイルブログ・テーマ
ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活

 

 

f:id:totofuku:20200829024030j:image