totofuku

totofukuの旅

15 カイラス山

 

                                 チベット (16)

 

   おーい なんだ 誰かが呼んでいる 

 

   ここは何処だ。あー俺は車の中で寝ていた。

 

   息を吸って止めてしばらくして吐く

 

   それを繰り返していたので、俺は疲れ切って寝

   

   入ってしまった。

 

   「おい起きろ」と言う声で気づいた。

 

   えーここは 、、、アリーだ。俺は街の外れで下された。

 

   あー寒い、今、もう夕方これからどうしよう後カイラスまで

 

   200か300kぐらいで行ける。俺は何となく分かった。

 

   このままカイラスを目指すと俺は死ぬ。

 

   俺はカイラスへの道を見て呆然と立っていた。

 

   時間の感覚を無くして呆然と、

 

   俺は気づいた、もしカイラスに無理やり行くと、

 

   俺は死ぬ。カイラスって何なんだ

 

   ツアーで簡単に山を見て帰っていく奴もいる。

 

   カイラスに行っても盗みをする奴もいる。

 

   俺は気づいた大事なのは山なのではなく、

 

   そこに行こうとする気持ち そこに行く道のり

 

   俺はカイラス カンデンポチに行く事断念した。

 

   俺は呆然とカイラスの道を眺め続けた。