totofuku

totofukuの旅

11 カバとネズミ小僧

チベット (16)

 

俺は2時間も2人の警官に色々聞かれた。1人は出っ歯のカバ これが偉いさん、少し太ってい

 

て小柄、もう1人は痩せこけたネズミ小僧

 

はけよ、誰がここに連れて来たか、何度も何度も迫って来る「おい言え」俺は言えない ムー

 

ミンがつっれて来たなんて、

 

死んでも言えない。しばらくしたら2人は諦めた見たい。その時外で子供たちが騒いでなんか

 

石を投げていた。みんな外に出てみる

 

野良犬が二匹うろうろ痩せこけて お腹が空いているんだろう。出っ歯のカバは俺の顔を見て

 

拳銃を抜いて犬目掛けて撃ち始めた

 

距離は40メートルぐらいあったのでまー当たらないだろうと思っていた。でも何発か打つと

 

犬に当たったみたいだった。犬は

 

きゃふん きゃふんと泣いて逃げて行った。このカバ何をすんねんと思った。撃ち終わった後

 

俺の顔を見た。お前も言う事を

 

聞かなかったらこう言うめに会うんだぞと言いたげに 俺は何があっても言わない。ムーミン

 

のこと  しばらくすると

 

警察は去って行った。