totofuku

totofukuの旅

15 危ない

                         自転車の旅 (25)

 

   ここはコスタリカ

 

   いつものように朝早くから自転車を走らす、

 

   ようやく太陽が上がって来て前が見えにくいなと思っていたら、

 

   その時ドーンとなんだ  俺はトラックに跳ねられていた。

 

   俺は;道の横斜めの傾斜の草の上に飛ばされていた、

 

   パッと自転車を見ると後ろのタイヤがひん曲がっていた、

 

   ここはコスタリカ保証なんてないだろう、くそー

 

   そのうちにトラックの運転手が降りて来て大丈夫かと言って来た。

 

   俺は自分の体より自転車が心配だった。

 

   そのうちに警察が来てその後愚然に石君が走って来ていた、

 

   大丈夫と、そうだ俺は跳ねられたんだ、

 

   自分で自分を確かめているとアー 

 

   左手が動かない そんな事より自転車だ.

 

   自転車はタイヤがひん曲がっていた、

 

   あーあーあーと思っていたら、

 

   トラックの運転手がそんな物すぐ直ると服もビリビリに破れた。

 

   と言うと運転手は自分の使いふるしの服を持って来た、

 

   まーコスタリカからしょうがないか

 

   彼は服と日本円で3000円ぐらいのお金をくれた、f:id:totofuku:20200808142501p:image

   警察もここではそんなもんだよと言って来た。

 

   俺も諦めた。えらいことになってしまった。

 

   トラックに自転車を積み石君と近くの町まで乗せて行ってもらった。

 

   まだ朝早かったので店もあいておらず、

 

   途方に暮れていた。何とか見つけなきゃとまた

 

   少し ウロウロしていると自転車屋があった。

 

   本当にここで直るのかなと思っていたら、案の定、

 

   そこの店主はこんな物コスタリカにはないので直らないと

 

   また途方に暮れていると

 

   子供がそばに来て直せるよと言って来た、

 

   本当に直せるかと思いながら

 

   子供の後を着いて行くと古びた家

 

   こんなところでと思った、1人のおっさんを紹介され、自転車を見せた。 

 

   おっさんはんーと、顔をしかめたが、なんとか直すと言ってくれた。

 

   サンフランシスコから自転車の部品 

 

   スポークなどは持って来てていたのでそれを渡した。

 

   2時間ぐらいして、おっさんが出て来て

 

   何とか直したと言った。

 

   一様試運転してみた。

 

   ちょっとカラカラなるが運転はできる、

 

   あーこれで旅は続けられる。一安心 

 

   おじさんに いくらですかと尋ねたら

 

   お金は要らないと言った。

 

   えーおじさんは貧しそうなのに何故お金を取らない。これは

 

   親切でやった。と言いたげだった。でもその時連れて来てくれた

 

   子供に目をやった。目の合図、、、

 

   後で気づいた、多分こうである。

 

   俺はいいが連れて来た近所の子供には、

 

   お金をあげてくれと言う意味だったのでは

 

   ちょっと連れて来てくれた子供にありがとう

 

   と言ってから

 

   俺は俺はおじさんに礼を言ってその場所を離れた。

 

   あの時なんか変な雰囲気だった。

 

   後から思えば俺はお金を子供に

 

   渡さなくてはいけなかったのでは、と思い、後で後悔した
ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活