totofuku

totofukuの旅

14 ニカラゴア

 

                      自転車の旅 (25)

 

 

   ニカラゴアは社会主義 物があまり無く貧しい国 

 

   自転車を走らすと子供たちがついて来る、なんかくれと言って来る、

 

   安細れてガリガリ、本当に貧しそう、

 

   食事もろくに取ってない痩せこけた子供ばかり

 

   街をウロウロしていると夕方になってしまった。

 

   寝る場所を探さなくてはと探していると、お爺さんがここで寝なと、

 

   言ってくれた。その場所は公衆便所だった。

 

   確かに安全で便所にも困らない いい場所だ

 

   お爺さんは僕らが公衆便所に入った後外から鍵を閉めた、

 

   確かに快適な場所だった、僕らが臭いので、便所の臭さは

 

   余り感じなかった。あーサイコー 久しぶりにぐっすり眠れた。

 

   朝になるとお爺さんが鍵を開けに来た。

 

   ありがとう、たすかたったと言って去ろうとすると、

 

   手を出してお金と言って来た僕らは200円ぐらい払いその場所を後にした。

 

   お爺さんも生活がかかっているんだ。

 

   ここは本当に貧しい国だなーと思ったライフスタイル、ライフ、暮らし、生活 ライフスタイルブログ・テーマ
ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活