totofuku

totofukuの旅

ニュージーランド 1〜27

27   あとがき

ニージーランドは僕にとって最初の外国 なので衝撃を感じた 一番日本とは違うなと 思ったことは人です。 日本人のようにぐちぐち悩まない いつも never mind って感じ 気にしない気にしない いい面もあれば 腹が立つ面もあった。でも僕にとって 新鮮な感覚を…

26   星空

ニュージーランドにいるとき 毎日空を眺めていた ちょうどハレー彗星がくるという 年で34年前ぐらいだった 75年に一度というのでじっと眺めて居た その当時 クライストチャーチはあまり 高い建物はなく夜になると真っ暗 満点の星空が見えた。 空をじーと…

25   何でこんな田舎で?

俺はクライストチャーチの お土産屋で働いていた。 お土産屋から住んでいる 家まで自転車で10分ぐらい いつも俺は大きな公園を横切って帰る ある時帰るのが遅くなり真っ暗な中公園を 自転車を走らせていると なんか前方の木の影に動くものが 俺は犬かなんか…

24   ひとりぼっち

トムの妹はレイはいつもひとりぼっち 夏休みだというのに いつも1人で部屋に こもっている ある時俺が焼き飯を作りレイに食べさせて あげようと思いレイの部屋をノックすると 「come on] という甘い声 俺はドアーを開け入ってみたら ベッドで寝ていた 俺は体…

23   パーティー

俺な朝早く起きて体操をしていた。 今日は晴れている なんかいいことあるかなと思っていたら フラットメイトのトム が今日友達の家へ行くんだ 一緒に行かないと言って来たので 俺は少しためらった。 というのは トムはゲイ そしてその友達 少しやな予感 でも…

22 マオリ

俺のフラットメイトのターニアの お父さんとお母さんがやって来た 彼らはマオリ ニュージーランドの先住民 よくラクビーの試合前 ニュージーランドの選手が怖い顔をして 踊るあれがマオリの踊りだ 昔学校でマオリは元人食い人種 とか習った覚えがあるが ター…

21 お土産屋

俺は旅行でお金が尽きて来たので クライストチャーチのお土産屋で 働くことにした。 お土産屋と言っても 日本人相手の商売 大抵の日本人はお土産を 買って帰る だから何も押し売りしなくても 勝手に買って帰る。 物凄く簡単な仕事だった。住まいは ユースホ…

20    インバーカーギル

ヒッチハイクで南島の一番南の街 インバーカーギルまでやって来た。 今からヒッチハイクで拾ってくれた 20ぐらいの青年の家に行くところだ。 彼の名前はマーク 日本に興味があるそうだ。実は 彼のお母さんは日本人で 彼が小さい時、お父さんと別れて 日本に…

19 これが  ダニーデン

今映画を見ている。 いつの時代の映画だろう とにかく古い映画だろう あれからクイーンズタウンからヒッチハイクで ダニーデンに来た。ここは寂れた街 何もすることが無いので映画を見ている。 赤ちゃんの泣き声や老夫婦の話し声 誰かがなんか言い合っている…

18     テアナウ

僕はクイーンズタウンで知り合った ドイツの女の子とヒッチハイクした。 目的地はテアナウ トラッキングができる場所だ トラッキングと言っても 山を登る訳でなく 割と平たんな道を歩くだけ で本当にリラックスして 歩くことを楽しむって感じだ 本当はミルフ…

Anker ウルトラスリム Bluetooth ワイヤレスキーボード iOS/Android/Mac/Windows対応/長時間稼働 ホワイト テレワーク リモート 在宅勤務 空調服 作業着 強力 ファン付き 最新型 USB給電 熱中症対策 半袖 長袖両用 サイズ調節可 薄い 省エネ UVカット 夏服 …

17 クイーン

「もう着くよ」と声をかけられた。 俺はヒッチハイクした車の中で 寝てしまっていた。 もうここはクイーンズタウンだと 声をかけられ外を眺めると 綺麗な湖、俺は連れて来てくれた 若夫婦にお礼を言い、 車を離れた。ここはクイーンが住むのに ふさわし場所…

16 クライストチャーチ

俺は今南島の一番大きな町 クライストチャーチを歩いている町の中心に 向かって歩いていくと 大きなカセドラルが見えて来た なんか古くて貫禄のある建物だ中に入ると とても落ち着いた雰囲気で綺麗なステンドガラス なんか違う空間に来た感じがする 朝 早か…

15     クリスチャン

俺は腕を横にかざしていた もう周りが暗くなっって来た 雨が降って来た いくら 手をかざしても誰も止まってくれない まるで この世の地獄 ここはどこ 途中で下され少し歩いた ここの地名さえ分からない まーネルソンとクライストチャーチの間 ということだけ…

14    クッソーオー

北島から南島ネルソンまでたどり着いた ここは何も無い静かな町 本当にのんびり暮らせる町って 感じ何にもやることが 無いので昼間からビールでも飲むかと思い 酒屋さんに向かう 酒屋の前に汚らしいおっさんが酒を飲んで こちらを睨んでいた。 俺はあまり関…

13   さすらいの man

俺はウエリントンにたどり着いた ここはニュージーランドの首都 でもさっ風景なところで 海の近くで 風が強い なんとなく寂しい町 北島の一番南の町これから 南島へのフェリーを見つけなくてはいけない 俺はぶらぶら港を歩いていたら海をずーと眺め カッコよ…

12 ロトルア

俺はリンダにロトルアで下ろしてもらった後 このロトルアに滞在することにした。 ここには温泉があると聞いていたからだ。 泊まるところは ユースホステル そこはドミトリーの部屋 ドミトリーとは一つの部屋に何人か共同で泊まる 俺の部屋にはベッドが6個全…

11 違うよ

俺はハミルトンを超えたところで 腕を横にかざしていた 止まってくれ 止まってくれと言いながら 俺はなんでバスで行かない 何でこんな苦労して 南にいくんだ 嫌だ嫌だと 言いながら苦労したいのか んー俺は、なんか なんかやって見たいんだろう とにかく車が…

10    南へ

俺はオークランドから20分 ぐらいバスで走ったところから ヒッチハイクで南島に行くことにした。 車がとうるたび手を横にかざす なんか少し恥ずかしい 見知らぬ人が親切で止まってくれて 乗せて貰う その時何か話をしなければいけない 載せて貰ってムスーと…

9 お見舞い

俺は材木屋で働いていた。 そこにはたくさんの マオリの人が働いていた 俺がが仕事をしていた材木の レーンは俺以外に2人のマオリ人 名前はルー50ぐらいの 背の小さいもじゃもじゃ頭のおっさん もう1人はマー君20ぐらいの青年だ。 3人とも無口で おとなしい…

8 flatmate

俺は、フラット生活をしていた 6人のフラットメイトがいて 賑やかな毎日を過ごしていた。 夕ご飯が終わるとみんなで わやわやガヤガヤ お喋りをする 大学生のボブが次の金曜日友達の家に行くんだけど 行かないと誘ってくれた フラットメイトのロドニーも行…

7   モテ期

この前知り合ったアンティークの店で働く 女の子の家に行くことになった。 待ち合わせ場所はアンティークの店の前 俺がその店に着いた時、彼女は店の前で待っていた。 「あーギター持って来てくれたんですね」と 笑顔になり、私の家すぐ近くなんだ 私の妹も…

6 仕事

日本から持って来たお金がなくなって来たので 仕事を探すことにした どこで働こうか迷った末 家から少し離れた所に沢山の工場があったので ここの何処かで働けるだろうと思い50軒聞いて回った。 [I'm looking for job] と何度も何度もそのうちの一軒から電話…

5 flat

俺はホームステイからflatに引越し 沢山の人との共同生活が始まった。 そのflatはオークランド大学の掲示板で見つけたので flatメイト5人中3人が大学生だった。あとの2人は ウエイトレスと不動産屋で働く男の人 彼は22ぐらいでマオリ人だった。 毎日毎日交…

4 アルハンブラ宮殿の思い出

今から35年前のオークランドは 本当に静かな田舎町だった。 暇だったので町を探索 ぶらぶら歩いていると一軒の アンティークショップを見つけて その中に入ってみた。 なんか昔のヨーロッパ風のものばかり、 ただボケーと眺めていたら、 「can I help you]…

3    密会

学校から家に帰ってくると、 なんかリビングに集まって話をしていた 俺は只今と言うとホストマザーがよし、 いい時にかえってきた、あんた どう思う そこにはホストマザー、 ファザーそしてその息子ジョン、 そして息子の彼女ローラ そして彼女の両親 6人で…

2   ホームステイ

僕は英会話学校から帰ってきて 今ホームステイしている 大きな家のリビングで優子と話をしている。 優子も同じ英会話学校に通っていて 今日は早めに終わったらしい 優子は東京から来た、 元証券会社のオフィスレディイ年は30で 日本に帰ったら結婚すると言…

1 ニュージーランド

「はい 」スイスの女の子が手をあげた。 なんか先生に質問している。 ここはニュージーランドの オークランドかれこれ35年前の話だ。 俺はホームステイしながら 英会話学校で勉強していた。 今スイス人のスーザンが手を挙げて質問している。 15畳ぐらい…

13 あとがき

このアフリカのblogは1〜13まであり1 から 読んでもらうと分かり易いです。 チベット (16) africa13 ( 自転車の旅 (25) あの背景のことを書いてからもうアフリカのことは 書けない 人間は薬によって魂をなくし ただ本能のまま生きる動物になってしまう。 あ…

12. 涙が止まらない

africa13 (13) 部屋の2人によろしくと言い部屋を出た。 あーあの 2人の目は異様だった。俺がよろしくと言うと、おー と手をあげそれだけ、んーそれよりあのオランダ人の女 の子はどこに行ったのかな、二階のリビングに行っ ってもいない。二階の黒人の受付の…